パックというとみなさんは何を思い浮かべますか?
私は一時期、エステサロンなどで使われている業務用パックにハマって
いろいろなものを試していました。プラセンタ配合のジェルパックやコラーゲン
たっぷりの海藻パック、塗った瞬間からじわじわと温まる温熱パックに、
顔の形のまま固まる石膏パックなど世の中にはいろいろなパックがあるのだと
感心するほどでしたが、これらは高価すぎて使い続けることはできませんでした。

やはり毎日使うスキンケアは使い続けるほどに効果を発揮するので、
コストパフォーマンスに優れていることが絶対条件です。
そこで効果的なパックを手作りできないかと思い試したのが以下のレシピです。

当時よく便秘対策で食べていたヨーグルトを顔に塗っていましたが、
これだけで肌が白くなりキメが整います。乾いたら洗い流すだけのシンプルパック。
さらに保湿をプラスしたい時はヨーグルトにハチミツを混ぜて使います。
するとキメが整ってさらに洗い流した後の肌はしっとりスベスベ。

やってみるとわかるのですが、どちらもドロっとしているので下に垂れてきます。
そこで小麦粉を混ぜると練りが出て固くなるのでより扱いやすくなります。
手作りコスメの良い点は、成分をすべて把握できるのと保存料などが入って
いないので安心・安全だとところですね。ぜひ一度お試しください